奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

シンポジウム「日本解体阻止!!守るぞ日本!」  その2

デモ行進国の根幹をなす国防、外交、教育がおろそかに
 拓殖大学元総長・小田村四郎氏は「自民党の社会党化により自民党と民主党の違いが分からなくなった。先の選挙では国の根幹をなす国防、外交、教育について一切議論されなかった」と政治のあり方を批判。さらに「現在の亡国政権は一刻も早く打倒し、保守勢力が結集し、戦後レジームからの脱却が必要」と訴えた。
 前航空幕僚長・田母神俊雄氏は「外交は性善説ではダメである。いい人では日本の国益を守れない」と批判した。
 元首相・安倍晋三氏はビデオ映像で参加し、自民党が大敗したことについてお詫びと反省を述べ「自民党は立党の精神に返って結束し、憲法改正を目指したい」と述べた。続きを読む

シンポジウム「日本解体阻止!!守るぞ日本!」  その1

守るぞ日本民主党政権の危うさを指摘
保守勢力の結集を訴える
 10月17日、日本の保守勢力の結束を図るシンポジウム「日本解体阻止!!守るぞ日本!国民総決起集会」が東京・平河町の砂防会館で行われ、集会には約1400名が参加した。
 この会は草莽全国地方議員の会、日本文化チャンネル桜などの呼び掛けで、衆議院議員・平沼赳夫、上智大学名誉教授・渡部昇一、評論家・日下公人、外交評論家・加瀬英明など錚々たるメンバーが多数参加し、鳩山政権に対する懸念を表明した。
 平沼赳夫氏は「マニフェストとは別に民主党インデックス2009という政策集があり、そこには左翼の主張が羅列してある。一体どこの国の政党か」と痛烈に批判。また「保守が再集結し、真の保守政党をつくることが必要」と訴えた。続きを読む

ムラサキシキブ

20091023ムラサキシキブ

ギラン・バレー症候群救われる その2

小さいころから信仰に親しむ
しかし、自発的なものではなかった

 私は幼少のころより両親と神霊教に御縁を賜っていますが、このようなことになるまで、さまざまなことにお守りいただき、お陰もたくさん頂き、体も健康で順調で幸せに過ごさせていただきました。
 現在まで好きな仕事にも恵まれ、日々を仕事の忙しさ中心の生活をしていました。
 信仰はというと、ほとんど正しくさせていただいたことがなく、朝のお塩水、夜の御神草さえも、めったに頂いたことがありませんでした。
 ときどき、御式に参列させていただき、自分自身を過信した、虫のいい自分勝手な信仰態勢でした。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード