奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

食道ガンから救われる その1

maeda 私は平成13年11月12日に食道ガンほか、いくつかの病気平癒を祈願し、神霊教に御縁を賜りました。
 私は、もともと胃弱で、年に一度、胃カメラによる検査を受けていました。ある年、同じように検査を受けたところ、「食道にも異変がある」と言われ、検査を立て続けに受けました。「何事かな、変だなぁ」と思いましたが、さほど気にはしていませんでした。検査結果は食道ガンでした。続きを読む

江戸しぐさ 第8回 水かけ言葉

 今回は、「水かけ言葉」についてご紹介したいと思います。
 人が気持ちよく話している時、せっかくのその場の楽しい空気を台無しにしてしまう人がいます。江戸では、人の話を「だから?」や「それがどうしたの?」のような言葉で遮るのはタブーとされていました。
 このしぐさの名前の謂れは、水を浴びせられたようになってしまうことからこのように呼ばれたそうです。続きを読む

平成のご巡幸 その2

ご巡幸最近、今上天皇陛下の御即位20年奉祝記念映画「平成のご巡幸〜第一巻・被災地復興への祈り〜」(明成社制作)をDVDで見る機会があった。
阪神・淡路大震災、新潟県中越沖地震、福岡県西方沖地震など、壊滅的な打撃を受けた被災地を訪問され、膝をついて被災者の目線で温かい励ましの言葉を掛けられる天皇・皇后両陛下のお姿。
続きを読む

平成のご巡幸 その1

「奇蹟の今上天皇」(PHP研究所・昭和60年刊行・小室直樹著)という本をかつて読んだことがある。
史上空前の偉大なる帝王、それが昭和天皇であるという。昭和20年までの動乱期に、破局に向けて暴走しようとする日本の手綱を引き締めようとされた昭和天皇の、判断・意見はほとんどの場合に正しかった。敗戦後、依然として玉座にとどまり得た君主は世界中を見渡しても昭和天皇以外にはいない。そして、日本国民を救った戦争終結のご聖断。このことが戦後の経済発展というもう一つの奇蹟を生み出した。
続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード