奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

終戦の日 靖国神社 その1

靖国戦歿者追悼中央国民集会
 8月15日、65回目の終戦の日を迎えた。靖国神社参道では第24回戦歿者追悼中央国民集会が開催された。主催は英霊にこたえる会と日本会議。会場の特設テントは満席となり、その両脇にも人であふれていた。参加者は2千百名を超えた。
 午前10時30分に開会。国歌斉唱、靖国神社への拝礼、そして「終戦の詔書」の玉音放送を拝聴。その後、主催者の挨拶、各界からの提言が行われた。

首相談話を厳しく批判
ゆがんだ国家観・家族観を持つ民主党
 日本会議会長・三好達氏は、民主党政権になり、首相をはじめ閣僚が一人も参拝しないことに強く抗議したいと述べた。さらに民主党を「ゆがんだ国家観、家族観を持つ政党」と批判した。その表れが外国人地方参政権や夫婦別姓を導入しようとしていることである。
 また菅首相は日韓併合百年を機に、反省とお詫びを表明した。しかし、百年前の日韓併合は韓国の閣議を経て合法的に行われたものであった。「間違った謝罪は相手に付け入る隙を与えるだけ」「菅氏はどこの国の首相なのか、どこの国の国益を考えているのか」と強い口調で批判し、現在の政治を憂えた。続きを読む

江戸しぐさ 第19回 もったい大事しぐさ

 今回は、江戸時代のエコロジーについてご紹介したいと思います。
 最近、「エコ」という言葉をよく聞きますが、エコロジーの精神は、江戸時代の人々の間にはしっかりと根付いていました。
 現代では、自分勝手な私たち人間が好きなだけ地球の財産である水・緑ほか様々な自然を壊し、使うだけ使って、そのひずみを今になってなんとかしようと躍起になっていますが、江戸時代に生きる人々は自然が主で人間はこれに従う立場にあると考えていましたので、常に日常生活の中でものを大切にしていました。
続きを読む

ムクゲ

20100813ムクゲ

8月6日に思う

広島の原爆を題材にした芝居を見て
 7月下旬に広島の原爆を題材にした芝居を見た。
 昭和20年8月6日の原爆が投下される日までの、戦時下の市民の生活が実に見事に演じられていた。
 作者は、広島県出身の若手女優。主演はIZAM(イザム)と石川梨華。
 登場人物は、東京から広島に疎開してきた貴族の坊ちゃんと執事、兵隊の慰問を続けている歌手、憲兵隊の兄とその妹、障害を持つ弟と夫の間で悩みつつ奮闘する妻、空襲で両親や兄弟を亡くし歓楽街で生計を立てている女性、特攻隊員の弟に手紙を送る姉と若い特攻隊員たち等々。

何十万という人々の日常の生活が一瞬で奪われた
 それぞれの日常がよく描かれていた。食べるものにも事欠く、苦しく貧しい生活の中にも、互いに助け合い励ましあって精いっぱい生きていた何十万という人のそれぞれの生活があったのだ。
 しかし、8月6日午前8時15分、B29から落下された原子爆弾によって、人も建物も、いとも簡単に、しかも一瞬にして奪い取られた。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード