奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

飼っているペットが救われる

 糖尿病を患っている飼い猫が、意識が朦朧として動けなくなりました。動物病院の医師からは、「高齢でもあり、このまま亡くなってもおかしくない状態」と言われました。毎日、御神力こもる御供物をいただかせ、一心に祈念しましたところ、3日後には4つ足で立てるようになり、日に日に良くしていただき、すっかり元気になりました。
 また飼い犬がある日立てなくなり、呼吸も苦しそうで、病院に駆け込みました。「フィラリア」との診断で助かることは難しいと言われました。何とか助けていただきたいと、やはり御神力こもる御供物を身体に使わせていただきました。自力で水を飲もうとしませんでしたが、教会でいただいた御神水は一生懸命ペロペロと飲んでいました。その後、立てるようになり、エサも自力で食べ、排便できるまでに回復しました。本当に有り難うございました。
(千葉県 50代女性)

原因不明の腹痛から救われる

 昨年の夏頃より、右脇腹から下腹にかけて今までに感じたことのない奇妙な痛みが出るように成りました。あらゆる箇所が痛み出したり、痛みの感じが変わって行きます。教会でいただいた尊い御供物で湿布をして休むと3日目から患部に変な匂いが出るようになりました。その日を境に1週間で痛みがほとんど無くなりました。良くして頂き感謝御礼申し上げます。
心から感謝しています。
(愛知県 60代女性)

海外で御加護いただいていることを実感

 海外に赴任して3年になります。当初不安もありましたが、国は急速な発展を遂げ、生活環境も整い、娘も良い先生や友達に恵まれ、充実した学生生活を送っています。職場でも雰囲気は良く、気持ち良く仕事を出来ています。決して治安の良い国ではありませんが、海外での様々な困難な環境の中で、御加護いただいていることを実感しています。
(海外 50代男性)

希望していた企業に就職

 私は大学院の修士課程に所属しており、1年程かけて修了後の進路について考えてきました。お陰様にて希望していたベンチャー企業から内定をいただきました。また、就職活動を通して縁にも恵まれ、キャリアアドバイザーや企業の人事責任者が親身になって就職活動のサポートをしてくれ、自分の欠点を自覚出来たり、必要な事を身につけられたりする機会をいただきました。誠に有り難うございました。
(東京都 20代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード