奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

サザンカ

20091223サザンカ

天皇陛下の政治利用は許されない

21 皇室、そして日本の将来を憂う事態が起こった。
 それは12月15日、中国の習近平・国家副主席が天皇陛下と会見したことである。その際、外国要人が通常、天皇陛下とご会見を希望する際は天皇陛下のご健康に配慮して、1か月前までに文書で正式に申し込むという確立した「1か月ルール」が存在する。
 しかし、鳩山政権は中国政府の強い要請を受けて、自らそのルールを破って天皇陛下とのご会見を実現させたのである。
 中国側はこの「1か月ルール」を知りつつも、習副主席訪日の成否は天皇陛下との会見にかかっているとし、あからさまにルールを無視した要求を繰り返し行い、日本政府はそれに屈した結果になった。
 このご会見直後、早速、与野党を問わず、多くの国会議員から、また有識者から批判の声が上がり、さらに世論も盛り上がった。それに対し、小沢一郎幹事長は今回のご会見が天皇陛下の国事行為ではないにもかかわらず、「天皇の行動は政府が自由に決めることができると憲法に規定している」と、誤った憲法解釈をして、不遜な発言をした。さらに鳩山首相はその発言を擁護したのである。続きを読む

イチョウ

20091123イチョウ

天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典 その2

0031開催前のスクリーン 夕暮れの午後5時からの第2部「祝賀式典」には、若者からお年寄りまで世代を超えて約3万人が集まった。
 特設ステージには、日本経団連名誉会長の豊田章一郎氏、三宅村村長の平野祐康氏など両陛下が訪問された被災地の自治体の首長、ノーベル物理学賞受賞の小柴昌俊氏、さらに芸能界、スポーツ界からは、森光子さん、宮崎あおいさん、王貞治氏、野村克也氏、フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さん、WBC日本代表監督であり、読売巨人軍の監督である原辰徳氏など、錚々たるメンバーがそろい、お祝いのスピーチを述べ、奉祝ムードを盛り上げた。
 ポーランド共和国駐日大使ヤドヴィガ・ロドヴィッチ氏は「両陛下がポーランドを訪問されたときの熱狂と歓喜は忘れられない」と語り、さらに君が代の歌詞「さざれ石の巌となりて」を引用し、日本の悠久の歴史、自然との調和の心、そして君主と国民との理想的なあり方を、両陛下が体現されていることを賞賛した。
 その後は千代田区立和泉小学校のビッグバンドなどの奉祝演奏が行われた。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード