奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

マンジュシャゲ

20080923マンジュシャゲ

ガラス施工で奇蹟 その1

itakura私は、さいたま市でガラス店を営んでいます。
去る2月22日にIT企業の事務所工事の仕事で、渋谷の15階建てビルの11階でのガラス工事のため職人5人と入りました。
仕事は順調に進んでおりましたが、ガラスの周りに打つコーキング剤(防水などのため構造物の継ぎ目・すきまを埋める充填剤)が不足するのではないかと不安になりました。続きを読む

聖帝・昭和天皇3

国家と国民のことを第一に

昭和天皇は、先帝大正天皇の御健康が優れなかったため、大正10年11月25日に20歳で摂政に就任され、摂政宮と称されました。
大正15年12月25日、大正天皇の崩御を受けて践祚され、第124代天皇となられ、元号は昭和と改められました。

以後、国事多端の時代が始まり終戦まで続きました。昭和の初期から軍部が台頭し、満州事変(昭和6年)、支那事変(昭和12年〜)と大陸では戦火が拡大し、国内ではテロが相次ぎ、独・伊に台頭したファシズムが力を得ると、我が国の指導者層もこれに幻惑されて進路を見失い、日独伊三国同盟問題(昭和14年〜)などが起こりました。続きを読む

ならぬ事はならぬ(2)

「ならぬ事はならぬ」この言葉は何十年か昔、私が中学に入学したときに最初の校長先生の道徳の時間に先生がお話しになった言葉です。小柄でいつも和服姿で教壇にお立ちになった校長先生の穏やかな口調が懐かしく思い出されます。
狎嫻い鮟鼎鵑検⇔薺靴鮓くし、よき社会人であれ瓩箸いκ豺擦旅桟韻砲弔い討里話の中で、世の中にはいくら言い訳や理屈を言っても「ならぬ事はならぬ」ことがあるというお話でした。
続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード