奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

長男を安産で授かる その2

 そして予定日の昨年(平成21年)6月27日を5日後に控えた6月22日のお昼ごろにおしるしがあり、その日の夜に陣痛らしき痛みが始まりました。
 初めての出産ということもあって、深夜、早めに入院をしました。しかし、まだ陣痛が弱かったため、そのまま一晩過ごし、朝を迎え、翌朝の10時ごろに分娩台に上がりましたが、まだ赤子の頭が横向きになったままで、あまり下がってきておらず、子宮口も固いので、まだ時間がかかるわねと助産師さんに言われました。
 私は難産になってしまうのかと不安な気持ちになり、心の中で教祖様に「助けてください。良い方へお導きください」と必死におすがりさせていただいていました。続きを読む

長男を安産で授かる その1

切迫流産を免れる
 平成20年10月の末に妊娠の兆候がありましたので、診断を受けましたところ、妊娠2カ月とのことでした。
 しかし、その3日後に下腹部に何か違和感がありましたので確認してみますと、少し出血し出していました。
 私は急いで下腹部に御供物の御神酒をつけさせていただき、無事でありますよう御神語奉唱をさせていただきながら、ふと「常にお守りいただいていることに対して鈍感になっており、当たり前に考えていたのではないか」と思いました。
 すると次の瞬間、下腹部に一瞬かなり強い痛みが生じ、もう一度確認しますと、もう出血が止まっていました。
 そして、健診では切迫流産と診断され、自宅でしっかり静養するように言われ、安静に過ごし、その後は順調に回復させていただきました。続きを読む

江戸しぐさ 第16回 あとひきしぐさ

 今回は、人様と会って別れ際にする「あとひきしぐさ」についてご紹介したいと思います。
 皆さんは、人と会って別れる時、どのような別れ方をされるでしょうか。
 楽しく共に時を過ごして別れる時、先ほどまでの楽しかった、安らいだ気持ちが台なしになってしまうようなしぐさをされては相手としては淋しいものです。
 少し楽しかった時間に余韻を残してくれるようなしぐさを見ると「今日は会えて本当によかった」と思えるのではないでしょうか。続きを読む

ツバキ

20100323ツバキ
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード