奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

靖国神社こそが追悼施設 その2

戦没者追悼中央国民集会日本会議会長・三好達氏
首相の靖国神社参拝は当然
新たな国立追悼施設には断固反対

 次に、日本会議会長の三好達氏は、靖国神社での追悼、慰霊、顕彰は当然のことであり、首相が参拝するのは当然の礼儀であると訴えた。
 また、衆議院選挙について触れ、「このたびの選挙の争点は教育であり、外交である。バラマキ合戦を行っている場合ではない。また民主党は新たな国立追悼施設を建設する方針を固めたが、靖国神社をないがしろにする施設建設には断固反対する」と述べた。
 また「今後、政局が変わり憂慮される事態が起きようとも、あるべき道を真摯に追求していく所存である」と揺るぎない信念を述べた。
 続いて、各界を代表して3名が提言を行った。はじめに前航空幕僚長である田母神俊雄氏が登壇した。続きを読む

靖国神社こそが追悼施設 その1

靖国神社第23回戦歿者追悼中央国民集会
 8月15日、靖国神社は参拝者でにぎわっていた。拝殿の前は多くの人が列をなし、心静かに参拝をしていた。
 参道では午前10時30分から英霊にこたえる会と日本会議主催による第23回戦歿者追悼中央国民集会が開催された。
 高らかに国歌「君が代」を斉唱し、靖国神社に拝礼して追悼集会は始まった。
 はじめに、主催者を代表して英霊にこたえる会会長である中條高氏が登壇した。
 氏は今年の4月に会長に就任したばかりである。氏と教団との親交は深い。続きを読む

手術による苦しみから解放 その3

手術の後遺症による腸閉塞
 3回もお腹を切ったため、最後には腸が6カ所も癒着し、このことが私を一番苦しめた症状でした。
 最初は、朝、食事をすると夜までお腹が張って、安静にしていられず、腰に悪くとも歩かないわけにはいかないのでした。
 その後も、常にお腹が張っていて、食べ物と、お腹が気にならないことがない毎日でした。時には医者からもらう「ひまし油」ですべてを下し、またあるときは、腸閉塞で入院するなど、いつどうなってもおかしくないお腹の状態でした。続きを読む

手術による苦しみから解放 その2

毒素を排出し、腎臓を良くしていただく
 入信当初のある日、早起会から帰ってきたとき、なんとなく気分が優れないので、トイレに行き、そして休みました。30分後に、またトイレに行きたくなり目を覚ましました。そして、30分後、またトイレに行きました。
 3時間の間に7回行き、血尿やタンパクが出ていた腎臓の症状をこれによって完全に良くしていただきました。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード