奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

子宮頸部扁平内病変が2カ月で消える

ishizukaがん発症の心配から解放される
 私は現在シンガポールに住んでいます。一昨年の8月、一時帰国の際に、栃木市の産婦人科で子宮体ガン・子宮頸ガンの検査を受けたところ、頸部に異常が見つかりました。
 その後シンガポールのアジア・メディックで再検査した結果、子宮頸ガンの原因であるHPVウイルス感染の影響で異常細胞を認める良性の軽度扁平上皮内病変、レベルはクラス兇畔かりました。
 昨年12月、ジョイ・クリニックでのコルボスコープ検査では、頸部にまだ異常があることが分かったので組織を取って調べてもらいました。自然に治ると思っていたものがまだ治らず、結果はやはりウイルスの影響で子宮頸部上皮内病変・軽度異形成と分かりました。
続きを読む

歩行困難な状態を救われ歩けるように

nakamura
 一昨年の10月ごろ、坂道を無理して上り下りしました。その時から急に歩行困難になってしまい、教会へお参りに行くことができなくなりました。
 教会へ行くことができないので、信仰を続けられないと思い、教会へ電話をしたところ、郵送で続けられることを教えていただきました。いろいろご指導を頂き、なんとか郵送にて今日まで信仰を続けることができました。
 一時は膝に水がたまり、歩行ができないことがありましたが、御福豆で作った豆乳をたくさん頂き、膝に福の花の湿布をしていました。すると、1年が過ぎた頃からまた教会へ参拝することができるようになりました。
 高齢になってから歩行困難になると、歩けなくなってしまう人が多い中、また教会へ参拝できるようになりましたこと、心より感謝しています。
(東京都 中村かをる)

チョコレート嚢胞を乗り越え子供を授かる

kobayashi入信後2カ月で自然に妊娠
 私は、10代の頃より生理不順に悩まされており、生理中の腹痛も床を這って動くしかないほどひどいものでした。
 18歳の時、普段とは全く違う異物感を伴う激しい痛みを下腹部に感じました。すぐ病院へ行き、内科や産婦人科でさまざまな検査を受けましたが、原因は分からず、痛みもとれませんでした。紹介状を書いてもらい、翌日、別の大きな病院へ移りました。
 エコー画像を撮ったところ、左の卵巣が驚くほどに腫れ上がっていました。医師の診断は「チョコレート嚢胞」で、耳慣れない病名に不安とショックを受けました。チョコレート嚢胞とは主に30代女性が発症することが多く、症状の原因は、月経の際に外へ排出させるべき経血が出口のない卵巣の中へ入り、たまって下腹部を腫れさせる、子宮内膜症の一種だと知らされました。
 続きを読む

外交的な性格に変わる

suzuki57歳で頭部が隆起 
 私は1月20日の多摩第二地区の遙拝式と、地区の新年会に参加し、和やかで楽しいひとときを過ごして帰宅しました。
 帰宅後、前頭部左側にわずかな痛みを感じ、手で触ってみると頭部が隆起していました。
 私は高校3年生の時に御縁を賜りました。入信して間もない頃、万寿山での御奉仕に参加すると、頭部隆起を体験させていただきました。
 引っ込み思案で内向的な性格を外向的な性格へと変わらせていただき、その後も、何度か頭部隆起を体験しました。
 現在57歳になりますが、この年で頭部隆起を体験させていただくとは思ってもみなかったので、大変感動しました。
 これまでの信仰の緩みを見直し、信仰活動への参画に対して前向きに考え、行動するようにしてきたので、頭部隆起現象を賜ったものと思います。
教祖様に心から感謝しています。
(神奈川県 鈴木睦夫)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード