奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

日本再発見 第2回 ご褒美付き学校生活

海外から日本を見てみよう

 米国カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外にあるパロス バーデス ぺニンスラ学校区の公立小学校に子供たちが通学していたときのことです。
 最上級生(5年生)になると、登校時の交通整理係やランチ係などのボランティアをすることができます。
 娘がランチ係のボランティアに手を挙げたというので、子供が成長したことをうれしく思いました。
 ところが後日、この様子を聞いてみると、日本の小学校の給食当番とは大違いで、係は好きなメニューのランチをもらえる上、アイスクリームや飲み物までも食べ放題という特典付きでした。続きを読む

江戸しぐさ 第13回 真贋分別の眼

 今回は、何やら難しそうなタイトルが眼に入ってきましたが、ここで読む気をなくさず、しばしの間、お付き合いいただければ幸いです。
 「真贋分別の眼」とは、簡単に言えば、人や物事を見極める「判断力」のことです。
 人は、日々の生活の中で、自分の価値観があるのにもかかわらず、人と付き合う上での都合や、世の中の流れによって同じ方向に流されてしまいがちです。
 しかし、実際に自分の眼で人や物事をしっかりと見て判断しないと、結局は、「こんなはずではなかった!」と後悔の念を抱くことも多々出てきてしまいます。続きを読む

日本再発見 第1回 味覚とのたたかい

 日本を離れて長期間、海外で生活してみると、日本にいては分からない文化の違いなどに気づくことがあります。この違いを身近な例を取りながら紹介します。日本の良さ、学ぶべきことなどがあらためて見えてくると思います。

 海外に長期で住むことの最重要ポイントは、質の良い日本の食材が手に入るか…に限ります。
 日本から引っ越す前に、一度見に行った、日本食料品店には「ないものはない」と思ったほど規模も大きく、食材も揃っているように見えました。
 スーパーに入ってしばらく商品を見た後、「私はここ(アメリカ)に住めます!!」と主人に宣言したほどです。
続きを読む

サザンカ

20091223サザンカ
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード