奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

健康を回復し、仕事にもお陰 その2

発表会の翌日には教会を訪ねて入信
 その方から、とにかく一度青葉台の教会に来るように勧められましたので、早速翌日伺うことにしました。
 その日はあまりにも目まいの症状がひどかったので、妻の肩に縋りながら教会に行きました。
 受付の方に神霊教についての詳しい話をお聞きし、教祖様にお縋りすればどんな難病もお救いいただけると言われましたので、まず、最初に私一人が入信させていただくことにしました。続きを読む

健康を回復し、仕事にもお陰 その1

horiuchi父突然のめまいに襲われる
 昭和47年、当時44歳だった私は、総合化学会社の管理職として超多忙な毎日を送っていました。
 その年の3月の初め、会議中に突然激しい目まいに襲われ、歩行困難になりました。順天堂大学病院にて診察・検査を受けた結果、左頚椎変形による動脈血流不全と診断されました。続きを読む

江戸しぐさ 第11回 会釈のまなざし

さりげなく挨拶を交わす

 ジョギングやハイキングをすると見ず知らずの人とも自然と挨拶を交わします。しかし、普段、街で知らない人と会っても挨拶することはありません。
 江戸時代は、見ず知らずの人と街で会うと、互いにさりげなく目と目を合わせ、会釈を交わしたといいます。
 このようなしぐさを「会釈のまなざし」というそうです。声に出して挨拶するのもいいですが、会釈にはなんともいえない人の品位を感じて私は好きです。
続きを読む

教育の健全化に向けて その4

民主党議員にはマルクス・レーニン主義の信奉者がいる
 八木氏は自民党の議員の考え方にもかなりの幅があるが、民主党の議員の中には、マルクス・レーニン主義を信奉する本物の左翼がいる。これが重大な問題であると指摘。
 村山政権の時代にゆとり教育、男女共同参画、そして村山談話など、後々まで禍根を残す事態を招いた。民主党が政権を取ったら、このときと同じようなことが起きるおそれがあると語り、自民党はもっと教育政策について有権者に訴えるべきであると述べた。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード