奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

ステージ3の乳がん 医薬を用いず快方に−その1

横山玉枝乳がんを通しこれまでの自分を見つめ直す
 平成14年、当時の私は、徘徊が始まった90歳の姑に付き添い、出歩くことが多くなり少々疲れ顔だったのでしょう、姑の通院に同行した私に先生が心配して声を掛けてくださったことがきっかけで乳ガンが分かりました。
 私は、いつの頃からかできた左胸の赤い斑点を、先生にお見せしました。先生はすぐに針を刺して組織検査をしてくださり、一週間後ステージ3の乳ガンと宣告されました。
 その後、国立がんセンター中央病院にて即手術を勧められましたが、今までに娘の喘息、商売のこと、私の自律神経失調症をお救いいただいていたので、迷うことなく
教祖様に一心にお縋りさせていただくことを決意し、同年6月21日に発願のお許しを賜り、日参を始めました。
続きを読む

奉祝花火大会を開催

夜空に大輪の花が咲く
03毎年5月3日、東京都あきる野市にある聖地・万寿山において、神霊教教祖の生誕を祝う奉祝花火が打ち上げられた。
「神の泉」、「新緑の輝き」、「情熱の花束」といった名称の花火が次々と打ち上げられ、夜空を彩った。

平成30年の様子はこちらから


神霊教は平成29年に開教70周年を迎えた。
平成29開教70周年教祖様御生誕祭の様子はこちらから。
03

子宝を安産で授かる

出血少なく快復も順調
takita 私は平成20年4月に良縁を賜りました。
 子宝をお授けいただきたく、未入信の主人とともに本部教会にて子宝の発願をさせていただきました。それをきっかけに、主人は神霊教のイベントや御生誕祭にも参列させていただき、御神光に浴させていただいたものと思います。
 間もなくして妊娠していることが判明しました。
 すぐに安産の発願をさせていただき、それからは御福豆で作らせていただいた豆乳をほぼ毎日頂き、お腹には御供物をつけさせていただきました。
続きを読む

「明けゆく世界大行進」

社会の浄化と国難打開を願って
11平成24年2月11日の建国記念日、日比谷公園から常盤橋公園までの約3舛砲錣燭蝓嵬世韻罎世界大行進」が行われた。
この行進は東日本大震災による国難を打開するとともに、東京の中心地で日の丸の旗を持って行進をすることによって、社会を浄化し、日本精神を広めることを目的としている。
11
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード