奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

外国人参政権に反対する1万人大会 その2

加戸守行知事「大きな問題をはらんでいる」
 加戸守行・愛媛県知事は、全国知事会での話に触れた。知事のうち賛成を表明したのは、わずかに3名、残りは反対もしくは慎重な対応を望むというものであった。さらに、愛媛県では特定の中学歴史教科書の採択取り消しを求める訴訟が繰り返し起こされている点に触れ、原告約3500人のうち、日本人は200人に過ぎず、残りは外国籍だという。「外国人が特定の政策に利用されている状況を考えると、参政権付与は大きな問題をはらんでいる」と地方自治体で起こっている深刻な問題を浮き彫りにした。

石田一夫氏(ゼンセン同盟副会長)
民主党支持母体の労働組合が反対を表明

 民主党の支持母体である連合傘下のUIゼンセン同盟の副会長・石田一夫氏が登壇。UIゼンセン同盟は108万人が加入する組合であり、公式の場で初めて組織としての反対を表明した。「参政権は国民のみが持つ政治に参加する権利である」と述べた。民主党支持の労働組合が反対を表明したことで、推進派の動きを抑止する効果は大きい。
続きを読む

外国人参政権に反対する1万人大会 その1

IMG_02221万人大会 4月17日午後2時、東京の日本武道館において「外国人参政権に反対する一万人大会」が開催された。
 この大会は、初代内閣安全保障室長の佐々淳行氏、ジャーナリストの櫻井よしこ氏らが呼び掛け人となり実現したものである。
 自民党、国民新党、みんなの党、たちあがれ日本の各党代表、幹事長をはじめ、民主党を含む国会議員、自治体首長、地方議員、有識者、そして一般国民、合わせて1万257人が武道館に集まった。続きを読む

小彼岸桜

20100413小彼岸桜

夫婦別姓に反対する国民大会

 3月20日、夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会がお台場の東京ビッグサイト東第4ホールにおいて、各界から有識者を招いて開催された。
 会場は5千人収容で、通常開催される国会議事堂にほど近い憲政記念館とは異なり、会場は来場者で埋め尽くされて、熱気にあふれる大会となった。
 また、壇上には、全国から200万名を超える国民の署名が集められ、うずたかく積まれている。司会者によると、500万名の署名が集まるまであとわずかとのことで、国民の関心の高さがうかがえる。
続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード