奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

小彼岸桜

20100413小彼岸桜

夫婦別姓に反対する国民大会

 3月20日、夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会がお台場の東京ビッグサイト東第4ホールにおいて、各界から有識者を招いて開催された。
 会場は5千人収容で、通常開催される国会議事堂にほど近い憲政記念館とは異なり、会場は来場者で埋め尽くされて、熱気にあふれる大会となった。
 また、壇上には、全国から200万名を超える国民の署名が集められ、うずたかく積まれている。司会者によると、500万名の署名が集まるまであとわずかとのことで、国民の関心の高さがうかがえる。
続きを読む

日本再発見 第7回 自信と誇り

冬季オリンピックを観戦して
 バンクーバー冬季オリンピックは幕を閉じ、白熱した17日間がずいぶん前のことのように感じられるこのごろです。
 私たち家族が、住んでいるワシントン州から車で2時間、国境を越えバンクーバーに入ったのは開催期間が中盤にさしかかる時でした。
 街に繰り出すと、赤地に白いメープルの葉のTシャツや帽子を身に付けた人が、誇り高く陽気に闊歩し、わが夫と行ったホッケーとカーリングの試合では、各国の応援で人々は気分が高揚し、会場は一つになっていました。
 どの選手も母国からの期待と、このためにすべてを打ち込んで練習してきた努力のすさまじさが、息をのむような迫力となって観客にも伝わってきました。
 一足会場に足を踏み入れた途端、自分が日本人であるという意識が湧き、気持ちが高まってきたのを覚えています。続きを読む

長男を安産で授かる その2

 そして予定日の昨年(平成21年)6月27日を5日後に控えた6月22日のお昼ごろにおしるしがあり、その日の夜に陣痛らしき痛みが始まりました。
 初めての出産ということもあって、深夜、早めに入院をしました。しかし、まだ陣痛が弱かったため、そのまま一晩過ごし、朝を迎え、翌朝の10時ごろに分娩台に上がりましたが、まだ赤子の頭が横向きになったままで、あまり下がってきておらず、子宮口も固いので、まだ時間がかかるわねと助産師さんに言われました。
 私は難産になってしまうのかと不安な気持ちになり、心の中で教祖様に「助けてください。良い方へお導きください」と必死におすがりさせていただいていました。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード