奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

日本再発見 第6回 日系人の日本語教育

海外から日本を見てみよう

 ロスアンゼルスには1960年代から日本語補習校があり、日系人や永住者、駐在員子弟が週末や放課後に日本語の勉強を続けています。北米では現在も現地校と補習校の両立により日本語教育を受ける生徒の割合が多く、英語での勉強が主流です。
 そのような中で、1979年、米国カリフォルニア州のロスアンゼルス国際学園(International Bilingual School Los Angeles)は米国で生活する日本人の小中学生のための全日制日本人学校として創立されました。日本の教育課程に準じた教育が行われるとともに、ロスアンゼルスという立地に即し、バイリンガルスクールとしての教育内容が付加されていました。
 この学校には、駐在員子弟のみならず、教育理念に賛同される永住者、日系人、アメリカ人子弟も通学していました。続きを読む

紅梅

20100313紅梅

江戸しぐさ 第15回 結界わきまえ

 今回は、人が世間で生きていく上で基本的な心得とでもいうべき「結界わきまえ」というしぐさについてご紹介したいと思います。
 人には一人ひとり特性というものがあります。それをそれぞれが生かして世の中が成り立っているといっても過言ではありません。
 しかし、人の種類にはさまざまなものがあってその一つに「おせっかいな人」というのが挙げられます。続きを読む

日本再発見 第5回 高齢者も元気な香港

海外から日本を見てみよう

 日本を離れて長期間、海外で生活してみると、日本にいては分からない文化の違いなどに気づくことがあります。この違いを身近な例を取りながら紹介します。日本の良さ、学ぶべきことなどがあらためて見えてくると思います。

 意外かもしれませんが、今私が住んでいる香港は平均寿命の男女平均が日本についで2位という?長寿国?です。
 では、高齢者を取り巻く環境はというと、かなり厳しいのが現状です。日本と同様、少子高齢化が進んでいる香港ですが、労働者向けの「強制退職積立金制度」は2000年に施行されたばかり、それまで社会保障制度が全くなかったのです。
 当然高齢者は自分で自分の身を守らなければならず、実際?現役で働いている?元気なお年寄りの姿をよく見かけます。
 日本の「バイク便」のような短時間で物を運ぶ仕事でもお年寄りが大活躍しています。
 もっとも香港ではバイクではなく、公共交通機関を利用するのですが、地下鉄の駅で伝票片手に大きな袋をかついでいるお年寄りの姿をよく見かけます。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード