奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

食道ガンから救われる その3

思いがけず仕事にも復帰
 そして、百日の日参を終え、1カ月ほどしたときのことです。
 以前勤務していた会社からパートで来てくれないかという話が、思いもかけずに舞い込んできました。本当に驚き、教祖様に心から感謝申し上げました。
 また、その会社に「御式の日は休ませていただきたい」と申し出たところ、気持ちよくその条件を聞いていただき、御式にも支障なく参拝することができています。続きを読む

食道ガンから救われる その2

いとこの絶対という言葉にひかれ、勇気をもらう
 いとこの話の中に「絶対」という言葉が何度も出てきました。普段「絶対」という言葉はよほど自信がなければ言えないことです。私はその「絶対」という言葉に引かれ、勇気付けられました。従妹は、即『神霊教入門』の本を送ってくれましたので、それを真剣に読むことにより、神霊教で起こっている数々の奇蹟を知り、確信を深めることができました。続きを読む

食道ガンから救われる その1

maeda 私は平成13年11月12日に食道ガンほか、いくつかの病気平癒を祈願し、神霊教に御縁を賜りました。
 私は、もともと胃弱で、年に一度、胃カメラによる検査を受けていました。ある年、同じように検査を受けたところ、「食道にも異変がある」と言われ、検査を立て続けに受けました。「何事かな、変だなぁ」と思いましたが、さほど気にはしていませんでした。検査結果は食道ガンでした。続きを読む

江戸しぐさ 第8回 水かけ言葉

 今回は、「水かけ言葉」についてご紹介したいと思います。
 人が気持ちよく話している時、せっかくのその場の楽しい空気を台無しにしてしまう人がいます。江戸では、人の話を「だから?」や「それがどうしたの?」のような言葉で遮るのはタブーとされていました。
 このしぐさの名前の謂れは、水を浴びせられたようになってしまうことからこのように呼ばれたそうです。続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード