奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

引っ越し日の不思議な体験

 母が北区の赤羽へと引っ越しました。引っ越し当日は私たち家族も役割分担をし、私は転居先の赤羽で待つことになりました。私が住む松戸からだと、松戸駅9時16分発に乗れば新居には10時半には着けると思い、電車に乗ったところ、乗換駅では電車が待っていてスムーズに乗り換えられ、赤羽駅ホームには9時38分に立っていました。普通、松戸から赤羽までたった22分で到着出来るとは思えず、自分で来たのではなく、連れてきてもらった感じでした。新居には10時前に着き、その後トラックも到着し、無事に引越しを終えました。お天気にも恵まれて有り難かったです。
(千葉県 60代女性)

膝の半月板損傷が全治

 通勤途中に足を滑らせ右膝を捻りました。少し経つと強い痛みが膝の内側に走りましたが、その日の仕事は何とか終えることが出来ました。翌日は仕事が休みでしたが、強い痛みがあり膝を曲げられない状態でしたので、神様の御力こもる御供物をつけさせていただくと、不思議に痛みが引き楽になりました。整形外科で診察を受けると、右膝の半月板損傷とのことでした。引き続き御供物を使わせていただくと、痛みがだいぶ緩和してきて、仕事も休むことなく続けられました。誠に有り難うございます。お陰様で3ヵ月後には全治いたしました。
これまでの運動不足を反省し、身体に気を遣うようになると、体重も以前の状態に戻すことが出来、高かった血圧も正常値に戻りました。いろいろなお導きに感謝申し上げます。
(東京都 60代男性)

自分に合った方向へ進学

 私は高等専門学校の本科を卒業後、さらに専門的な内容を勉強する専攻科への進学と、大学3年次への編入の2つの道を考え、受験の準備を進めました。専攻科の試験では、神様の御力こもる尊いものを使わせていただき、落ち着いて臨むことが出来、無事に合格することが出来ました。
 大学受験は残念ながら不合格でしたが、これまでの5年間と同じ環境で授業が受けられることなどを考えると、自分に合った方向にお導きをいただいたと強く感じています。誠に有り難うございました。
(東京都 20代男性)

家族信仰の有り難さを実感

 長男は職場の対人関係が厳しい状況に落ち込み、次男も心身両面のバランスを崩す重い不調に陥り、それぞれ突然体調がおかしくなったことなどもありましたが、どのようなことがあっても御守護いただき最悪を免れ、快方へ向かわせていただきました。現在は、二人とも苦しみから抜け出して、大変良い状態で過ごさせていただいています。家族で信仰させていただける有り難さを実感しています。
(神奈川県 50代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード