日本の歴史をしっかり学ぼう
hokkaido(zentai-toumei)

 昭和20年8月9日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄して、満州・樺太等を侵攻した。さらに、ソ連は国際法を無視し、日本人を俘虜として抑留し、シベリア等の各地で強制労働を課した。
わが国の厚生省援護局の資料によると、抑留者は約57万5千人、うち死亡者は、約5万5千人とされている。ロシア側の研究報告によると、抑留者は約54万6千人、うち死亡者は約6万2千人とされる。だが、実態はさらに大規模だった可能性がある。
 ロシア人ジャーナリストで、元イズベスチア編集長のアルハンゲリスキーは、著書『シベリアの原爆』(邦題『プリンス近衛殺人事件』)にて、日本人の抑留は軍人・民間人合わせて200万人以上に達し、そのうち40万人が虐殺されたと推計している。
 酷寒の地で食糧も防寒具もろくに与えられず、重労働を課せられて虐殺された日本人の数は、原爆での死者より多かった。「シベリアの原爆」というゆえんである。
 シベリア抑留はスターリンの指令によって行われた。スターリンは、アメリカのトルーマンに、北海道の北半分の占領を要求した。トルーマンがこれを拒否すると、その代償として抑留を強行したのである。こうしたソ連の不法行為はなんら裁かれていない。
 今年で第2次大戦終結後、65年になるが、日本とロシアは、今も平和条約を結んでいない。ソ連はサンフランシスコ講和条約に調印しなかった。旧ソ連を引き継いだロシアは、ソ連の不法行為を認めることなく、北方領土の不法占拠を続けている。わが国は、北方領土問題等の解決を目指し、平和条約交渉を続けたが、交渉は難航した。ソ連崩壊後は日ロ交渉へと受け継がれた。ロシアは、旧ソ連と基本的な姿勢を変えておらず、交渉は進展していない。
 こうした中、ロシアは先ごろ、わが国が第2次大戦の降伏文書に調印した9月2日を「第2次大戦終結の日」に制定した。事実上の「対日戦勝記念日」の制定である。この動きは、旧ソ連の不法行為を正当化し、北方領土の不法占拠を固定しようとするものである。
 しかし、わが国の政府は、ロシア政府に抗議せず、岡田外相は単に懸念の意を伝えるにとどまった。日本の弱腰を見て、ロシアは傲慢の度を強めている。ロシアとの平和交渉が妥結しない限り、わが国の戦後は終わらない。北方領土の返還を実現し、日露平和条約を締結するには、何が必要か。
 日本国民が歴史をしっかり学び、独立主権国家の国民としての自覚を取り戻し、精神的に団結することだと思う。