きれいさっぱり忘れよう
  今回は「聞き耳しぐさ」についてご紹介したいと思います。
 江戸時代、多くの人が長屋に住んでいました。長屋は特に壁が薄く、障子で部屋がしきられているだけだったため、簡単に隣で話していることが聞こえてしまう環境でした。
 そこで、江戸の人々が考えたのが「聞き耳しぐさ」です このしぐさは、たとえ人の話が聞こえてきても、その内容を聞かなかったことにし、忘れるという、とても粋な江戸っ子らしいしぐさです。
 紙でできた障子やふすまなど、ほとんど防音効果のない建具でできている建物で、日常人々が紙一枚隔てた向こうで話していることを、いちいち覚えていることほど無粋で格好の悪いことはありません。第一、そういうことをする人は相当ひま人だといえるでしょう。
 たとえ聞こえてしまっても何事もなかったことのように振る舞えることが本当の格好のいい大人ではないでしょうか。 現代でもたまたま通りすがりに人が話していることが聞こえてしまうことは日々の生活の中であるかもしれません。そんな時は、きれいさっぱり忘れてしまいましょう。
 余計なことをしないのが素敵な大人になる第一歩です。