診断結果がまったく異常なしに
 平成22年の4月、子宮頸ガン検診を受けたところ、クラスaの子宮頸部異形成がみられると診断を受けました。
 子宮頸部異形成とは、異常な細胞がみられるということで、異形成の一部はガンになります。
 教会の方に相談してすぐに祈願し、約1カ月ほど日参しました。
 検診後しばらく出血がありましたが、数日後に子宮よりピンポン玉ほどもあるゼリー状の血の塊が出て、それを機に出血も止まりました。浄化現象を頂いたものと思います。
 その塊が出てからは、急に体が軽くなりました。数年前より、腰の辺りに何となく重たい感じがあったのですが、それが消えていました。
 この年の霊祭では、子宮ガンで亡くなった霊を供養させていただきました。現象を通して、悪因縁を分からせていただき、浄化賜りましたことを心から感謝しています。
 その半年後、子宮頸ガン検診を再び受けました。結果はクラス兇箸覆蠅泙靴拭クラス兇箸蓮多少の炎症はみられるものの、正常の範囲とのことです。
 その後も、定期的に検診を受けていましたが、ずっとクラス兇任靴拭しかし昨年12月に受けた検査では、初めてクラス気箸覆蝓△泙辰燭異常なしの結果となりました。
 医薬を用いず、子宮の状態をすっかり良くしていただき、心から感謝しています。(神奈川県S.G.)