母は84歳の時に寝たきりになり、自力で起き上がれなかったのが、入信の手続きをして病院に戻ると、ベットから降りて歩いておりました。その後、3年間元気に過ごし、最期は眠るように昇天しました。手足や顎の関節も柔らかく、髪の毛も黒く変わっていき、崇高な顔つきと現象を目の当たりにして、家族は感謝と感激でいっぱいでした。
(愛知県 50代女性)