ある夜、夕飯の支度を終えた私は、鍋に天ぷら油の処理剤を入れ、そのまま放置していました。うっかり火を消し忘れ、別室に居ました。突然、娘が大声で叫びますので行ってみると、鍋から50cmくらいの火柱が立っていました。
 急いでバスタオルを濡らして鍋に被せ、何とか火を消すことができましたが、換気扇のフィルターは熱で床に落下していました。もし、鍋に落ちていたら大惨事になるところを免れ、娘とともに感謝しました。
(愛知県 50代女性)