私は平成3年にドイツ資本の会社に転職し、10年後、アメリカ資本の会社に買収され現在に至ります。自分の担当する部署が業界全体の衰退により売上が低迷すると、それを補う部署が自然に廻ってきて担当するようになりました。
 ある時は、会社が買収した他部署の駐在員が突如、会社を去ることになり、自分がその部署と日本・韓国市場を任され、売上が5倍の成績になりました。
 リーマン・ショック以降、多くの従業員がリストラされる中で、何も変わらず仕事を続けて来られたのは、神様の御守護とお導きであると深く感謝しております。
(岐阜県 50代男性)