カンボジアに赴任して2年半になりますが、現在は妻と長女と共に暮らしています。大学生の息子は東京の自宅に残り、勉学に励んでいます。妻や娘も現地の生活に慣れ、充実した日々を過ごしています。私も職場で数々のお陰を賜りながら、気持ちよく仕事をさせていただいています。職場での助け合いの心をもった人達との繋がりは、単なる偶然とは思えません。
 現地での生活環境は、都市部においては、日本の援助も手伝って、道路・電気・水などのインフラが相当整備され、以前と比べると格段に良くなっています。日本企業や日経日本食レストランの急増で、大変住みやすくなっている一方で、貧富の差の拡大や労働争議等の社会問題も抱え、空き巣や窃盗・強盗が多発しています。このような状況の中でも、いつも有り難い御守護の下にあることを感謝しています。
(海外 50代男性)