私は上海の留学から帰国し、その経験から中国に関連する仕事に就きたいと考えておりました。しかし、帰国した時には、ほとんどの募集が打ち切られていて、業界の幅を広げて就職活動をしましたが、納得のいく企業はありませんでした。
 そんな時、転職サイトである企業が気になり、ダメ元で連絡してみたところ、面接していただくことになり、入社の運びとなりました。それは3月30日のことで、年度末ギリギリでの採用でした。
後で同僚に聞いたところ、普段は新卒を採らないそうですが、当時、社員数名が退職したため、タイミングが良かったとのことでした。教祖様のお導きがあったものと存じます。誠に有り難うございました。
(東京都 20代男性)