ある日の夜、寒くなってきたので鍋料理の支度をしました。おろし金で生姜やニンニクをすり下ろしていました。その時、目の粗い部分が握っていた左手の人差し指に刺さり、皮膚もめくれてしまう程でした。血がタラタラと流れてきたので、教会の尊い御供物を付けさせて頂きました。すると、翌日の昼過ぎには皮膚もピタリと付き、仕事にも支障なく済みました。お守り頂きありがとうございました。
(愛知県 50代男性)