長男が生まれつき、先天性両側口蓋破裂の病気で、当時医者や縋った宗教から見放され、生きる希望を失っておりました。そのような折、知人から神霊教を紹介され、講演会に参加すると、それまで吸う力が弱く嚥下が出来なかった長男が普通に食べたり飲んだり出来るようになりました。その後家族で入信し、健康に過ごさせていただいています。神霊教との御縁に心から感謝しています。
(東京都 70代女性)