午後から雷注意報が出ており、何となく出掛ける気分になれず、家で過ごしていました。夕方、急に金属音のような凄い音がし、外を見ると3、4センチ程の雹が辺り一面に打ち付けていましたので、ガラスが割れると思い必死でお参りをさせていただきました。ガラスは無事でしたが、甥が「雨樋がやられた」と申しますので確認すると、雨樋が数箇所破れ、外灯のガラスも割れていました。出入口のテントも数箇所破れており、大変な被害だと思い、保険会社に連絡しました。
 翌日工務店に見てもらうと、修理には足場が必要とのことでしたが、保険会社からは「調査で足場が必要と認められれば」との回答でした。足場代は高額だと聞いていましたので心配していましたが、保険会社の調査で、足場は必要と認められ、見積もりの全額と見舞金が支払われました。
工事も天候に恵まれ、無事完了することが出来ました。感謝しています。
(東京都 70代女性)