仕事中に突然左目に墨汁をまいたような影が右へ左へと流れていくのが見え、動揺しました。目を閉じて心の中でお参りをすると落ち着きを取り戻せ、その影も徐々に小さくなっていきました。後日、眼科で網膜格子状変性と診断され、眼圧の高さを指摘されました。その3日後の検診では、眼圧も正常の範囲で現時点では問題なく、治療の必要はないと言われ、最悪の事態を回避出来ました。眼圧が高いと緑内障のリスクが高まり、さらに網膜格子状変性が進むと網膜剥離の危険があるところでした。眼圧との関係が深い血圧が高い数値でしたので、乱れた信仰態勢と食生活を反省し、大事になる前に改善させていただきました。
(東京都 50代男性)