左肩の痛みが続いていたある日、裁ちばさみで左手の平を切ってしまい、大量の血が噴出してきました。翌日に血は止まり、教会行事の御誕生祭にも無事参列出来ました。奉祝阿波踊りでは思いきり腕を上げて元気に踊ることが出来ました。すると肩の痛みが次第に薄らぎ、数日後には完全に治りました。出血と共に悪い物を出していただいたものと思います。
(神奈川県 60代女性)