息子の運転で出掛けた際、十字路で左からワゴン車に突っ込まれてしまいました。かなりの衝撃を受けて止まり、路肩に車を寄せたときに初めて何が起きたか理解しました。ワゴン車の女性が「乗せていた子供に気を取られてしまった」と謝りながら降りて来られました。
 私どもの車は前方が激しく破損しましたが、運転していた息子も私も大きな怪我も無く、お守りいただいたことを感じました。あと1秒でも違っていたら、私が乗っていた助手席に・・・と思いますと、身体が震えました。言葉では言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。
(埼玉県 70代女性)