先祖供養の行事である霊祭を前に、母方の先祖の名前が正しいものか確かめたくなりました。母方の本家筋とは疎遠になっており、手探りで調べるよりありませんでしたが、小さい頃の記憶を頼りに先祖探しに出掛けました。
 すると、たまたま道で出会った人が母方の先祖と縁がある方でした。そこから縁のあるお寺での調査等が順調に進み、心配していた先祖の名前の確認が出来ました。また、今回の調査で現在家を継いでいる方とも会うことが叶いました。その方が地元で活躍されていることを知り、何代も続く家を没落させないように頑張っていると見受けられ、縁者として嬉しく思いました。
 全く幸運な出会いから全てがトントン拍子に進み、目的を達成することが出来ましたのも、お導きとしか思えません。
(東京都 70代男性)