長女の出産に際し、大きな奇蹟をいただきました。
私は一昨年に長男を安産にてお授けいただき、仕事と育児で充実した日々を過ごす中で二人目を考えていたところ、妊娠が分かりました。
 ところが検診の際、胎児の異常が分かりました。左脳の一部に空間があり脳の左右に発育の差があることと、脊椎が2本に分かれてしまっている二分脊椎の、2点の疑いがあるとのことでした。重い障害を抱えて生まれてくる可能性もあり、大変ショックを受けました。しかし気持ちを切り替え、1週間後に詳細な検査を受けるため、この間に出来ることを一生懸命しようと、その日から信仰態勢を見直すとともに、出来る限り神様におすがりさせていただきました。家族も多大な協力をしてくれて、検査の日を迎えました。
 専門の先生が何人も立ち会い、長い時間、細部までしっかりと見ていただきましたが、驚くことに指摘されていた異常は見られず、脳の発達も異常というレベルではないとの診断でした。大きな奇蹟を頂きました。その後の検査でも異常は見つからず、無事安産にて出産させていただきました。本格的に陣痛が始まってからはあまり時間もかからず、担当の助産師さんからも「スーパー安産ですね」とお褒めいただきました。
教祖様、出産に際し様々な御加護お導きを賜り、誠に有り難うございました。
(神奈川県 30代女性)