このたび兄を大安楽往生させていただきました。兄は入院していましたが、病院の話では、亡くなる日の午前中まで、看護師さんと会話していたそうです。
苦しんだ様子も無く、まるで眠っているかのような安らかな表情でした。そして死後硬直が無く、指も身体も柔らかで、感激致しました。
(埼玉県 60代男性)