過日、会津若松城へ行ってきた。その際会津藩の教育、特に幼年教育「什の掟」についての映像が流れていた。会津藩では藩政の改革その中心として「教育の振興」をあげた。

会津武士(上士)の子は6歳になると居住地域ごとに「什」という子供たちの組織(遊びの仲間)に振り分けられた。この什には身分差別は全くなくどんな優秀嫡子坊ちゃんから、無職浪人の末息まで同じ待遇で扱われた。

その「什」が何をするかというと単なる「遊び友達」なのである。子供たちは毎日、当番の家に集まり、年長者の什長の指示に従いこの「什の誓ひ(掟)」を大声で復唱するのだ。その「什の掟」とは以下のとおり、
一、 年長者の言うことには背いてはなりませぬ
一、 年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
一、 虚言(ウソ)を言う事はなりませぬ
一、 卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ
一、 弱いものをいじめてはなりませぬ
一、 戸外でモノを食べてはなりませぬ
一、 戸外で婦人と言葉を交わしてはなりませぬ
ならぬ事はならぬものです
上士の子息は十歳になると藩校である「日新館」に入学するので、「遊びの什」の仲間の構成年齢は六歳から九歳までである。この「什の掟」を言い終わると、什長が「何か言うことはありませんか」と尋ねる。もし違反者がいればその者を座の中央に座らせ、事実かどうかを審問する。

事実であれば、相応の制裁が与えられる。それには最も軽い「無念」、「しっぺ」から最も重い「派切れ」まである。「無念」とは、一同の前で「無念でありました」とお辞儀をして謝罪すること、「しっぺ」はその名の通り、皆から手の甲を打たれる。「脈切れ」はいわゆる絶交で、全員が許してくれるまで誰からも口をきいてもらえないので、子供にとってはとても厳しい制裁だった。

名前を呼び合う時も、同年または上下一つ違いであればお互いを呼び捨てにしていたが、二歳以上違うと「○○様」と敬称を付けて呼んだそうだ。これは家老の長男であろうと平士の次男や三男であろうと関係なかった。十歳になって、日新館に入学すると「学びの什」という組織に変わり、やはり最年長者が什長になる。

「什の誓い」は、年長者を敬う心を育て、自らを律することを覚え、集団生活に慣れるための幼年者向け基本教育である。
最後七項目を受け、「ならぬ事はならぬものです」と強調するところに意味があり、気迫が込められている。現代の教育には、これが欠けているのではないか。