さりげなく挨拶を交わす

 ジョギングやハイキングをすると見ず知らずの人とも自然と挨拶を交わします。しかし、普段、街で知らない人と会っても挨拶することはありません。
 江戸時代は、見ず知らずの人と街で会うと、互いにさりげなく目と目を合わせ、会釈を交わしたといいます。
 このようなしぐさを「会釈のまなざし」というそうです。声に出して挨拶するのもいいですが、会釈にはなんともいえない人の品位を感じて私は好きです。
他人との距離が縮まる

 また、声に出さない分、その人の発している雰囲気でその人の人となりや、その人が、どの程度自分を考えてくれているかが分かる、バロメーターの役割もあると思うのです。
 昔は、駅やお店でたまたま居合わせた人とその場の雰囲気で話すということがあったように思いますが、最近では、人と人との関係が希薄になっている分、そのようなことも少なくなりました。
 他人との距離を縮めるには、人の醸し出す柔和な空気が必要です。先日、駅のエレベーターに乗っていた時、同乗していた二人連れの方が、とても感じのいい雰囲気を持った方たちでした。自分自身も知人と連れ立って乗っていたのですが、この狭い空間の中で、私の連れがエレベーターにまつわる面白いエピソードを空気に向かって投げかけるように話しました。
 それを受けて同乗していた全員が笑いました。これは、その場にいた全員が同じ気持ちになった証だと思うのです。

 この人間同士の「空気感」が今の世の中にはないような気がするのです。まるで一人ひとりの周りに壁が張り巡らされているかのような「窒息状態」とでもいうべきでしょうか。確かに空気は吸っているけれど息を止めているような、生きているのに生き生きしていない、そんな感じです。

 もし、現代においても、江戸時代の人々のように、知らない者同士でも会釈を交わすことが日々の生活の中で根付いていたら人はもっと生き生きとしていたのではないでしょうか。

 時代が移り変わっても、きっと人の心の奥底には、少なからず「柔らかい気持ち」が眠っているはずです。それを呼び覚ますには、一人ひとりが尖った気持ちではなく、柔らかな雰囲気を出すよう心がけていけば、いずれその成果が出始め、お互い目と目で挨拶できるような環境にかわっていくのではないでしょうか。