奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

奇蹟体験

充実した学校生活を送る

 私は中学卒業後、高等専門学校に進学し、この春に本科を無事卒業いたしました。5年間大変充実した学校生活を送ることが出来ました。所属したロボコン部では、チームリーダーや部長を務め、多くの経験をさせていただきました。3年時の大会では、トラブルのためロボットが不調ながらも関東甲信越地区大会でベスト4に入ることが出来、実力以上の成果を得ることが出来ました。先輩のチームは、14年ぶりに全国大会にも出場し、それを支える貴重な体験をさせていただきました。
 常に良い先輩、同級生、後輩、先生方に恵まれ、充実した生活を送ることが出来ましたこと、心から感謝いたします。
(東京都 20代男性)

頭部隆起を賜り、足の痛み・腫れが完治

 神霊教の大祭行事の翌々日に、左頭頂後部を頭部隆起させていただいていることに気付きました。また、数年前より右太ももに時折軽い痛みを感じることがありました。最近では触ってみますと、明らかに左より腫れている感じがしており、長く歩いたりしますと痛みがはっきり出る事もありました。
 年齢が上がると共に、歩くことに支障を来たすようになると困るなぁと案じておりましたが、大祭行事後に痛みも腫れもない状態にしていただきました。誠に有り難うございました。
(東京都 70代女性)

大祭行事を通して瞼の違和感がなくなる

 今年1月頃から左目の瞼に違和感がありました。5月3日・4日は尊い大祭行事に参列させていただき、奉祝芸能のスタッフとして2年前から企画にも加わってまいりましたので、感激と幸せな気持ちに包まれていました。4日の朝から左目が赤く、目やにが出るようになり、時間が経つにつれて赤みや目やにも酷くなりました。大祭後の納祭では目やにが滴り落ちそうになり、御神水で清め拭き取りますと、量が減って翌日には長い間感じていた瞼の違和感がなくなっていました。悪いものを出して浄化していただき、誠に有り難うございます。
(東京都 30代女性)

次女を安産にてお授けいただく

 昨年4月に長女が卒乳をしたことから、2人目を考えるようになりました。5月に子宝の祈願を立てさせていただくと、有り難くも8月に妊娠がわかりました。妊娠期間中はつわりはほとんどなく、長女とも一緒に元気に過ごせました。妊娠5か月目には、神霊教で安産祈願を執り行なっていただきました。周囲の協力を得ながら順調に過ごすことが出来、3,482gの大きな赤ちゃんを出産出来ました。3時間のあっという間のお産でした。産後の回復も早く、心から感謝申し上げます。
(東京都 20代女性)

教会行事への参加が叶う

 急に血圧が上がりめまいが起こり、楽しみにしていた教会の行事への参加が危ぶまれました。ふと、私の叔母が、幸せに過ごしていたものの晩年思いもよらぬ長い闘病生活を送り苦しんだことを思い出し、思いやりを持って先祖の供養をしたいと思いました。すると心身共に安定し、行事へも気持ちよく参加出来ました。
(東京都 80代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード