奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

事故災難・トラブル

信仰態勢を見直すと全てが順調に

 私は数年前に交通事故を起こしてしまいましたが、無傷でお救いいただきました。しかし翌年に、前を走ってきた車と再び衝突してしまいました。この時も無傷でお護りいただき、相手の保険会社から保険金をいただく等、損害も少なく済ませていただきましたが、度重なる事故に自分の信仰態勢を深く反省しました。
 すると、私が経営しているアパートについて、ある会社から声がかかりました。安い委託料で契約出来るとのことだったので、任せることにすると、長年入居者が無かった部屋に、あっという間に入居者を斡旋して下さり、今まで気を揉んでいた入金遅延、トラブルなどの心配事が全く無くなりました。それどころか老朽化したアパートのリフォームも全てこの会社でしていただき、賃貸料の値上げもして下さいました。全く考えられないことで感謝の気持ちでいっぱいです。同時期に、長引いていた交通事故の示談も成立させていただきました。
(東京都 50代女性)

火事を未然に防いでいただく

 コンロでお湯を沸かしている時、ちょっとした別の作業に集中してしまい、お湯のことを忘れて空焚きしてしまいました。慌ててコンロに近づくと、やかんの中身はすっかり蒸発してしまっていましたが、火は消えており、周りにも焦げなどは一切ありませんでした。一歩間違えると火事になるところを未然に防いでいただいて、有り難うございました。
(千葉県 40代男性)

海外旅行においてお守りいただく

 娘が夏休みに入ったので主人の出張に付き添って、ニューヨーク州ローチェスター、ワシントンDC、ボストンへ17日間の旅に出ました。飛行機の遅延もほとんどなく順調でした。搭乗手続きの所に置き忘れてしまった荷物が搭乗口に届いていたり、空港での買い物後、クレジットカードを忘れたのを次の方が搭乗口まで知らせてくれたりとお守りいただきました。

 ローチェスターでは、嵐が西から次々と発達中とのことでしたが、雨は必ず夜中に降り、日中は晴れました。ナイアガラの滝観光も天候に恵まれ、また全く待たずに滝のすぐ近くを通る船に乗ることも出来ました。

 ワシントンDCでは、雷雨予報と野球観戦の時刻が重なっておりましたが、軽い雨が20分くらい降った後は空が青く晴れ、無事観戦出来ました。

 ボストンでは40万人の人出でアメリカ独立記念の花火観覧をしましたが、花火が目の前で打ち上がる良い席を確保出来、電車、バスもスムーズに乗り継ぐことが出来て、全て順調に旅程をこなせました。
(海外40代女性)

転倒するもお守りいただく

 大学院の経済実験の現場へ向かう途中、時間ぎりぎりで慌てていて、電車に乗ろうとして転倒しました。相当強く前歯を打ちつけたのですが、少し欠けただけで歯の形を整える程度の診療で済み、頭は幸い打つことなく、お守りいただいたと思いました。時間にルーズな性格を反省する機会となりました。
(東京都 20代男性)

大惨事から救われる

 私は自動車整備の仕事をしています。昨年末、3トンもあるワゴン車を4点でリフトアップして整備していました。作業の都合で支える点を変え、1.5メートル上昇させた時、車を落下させてしまいました。あわや車の下敷きになるところをリフトと車のわずかの隙間から脱出出来、事故は最小で済みました。病院の検査では骨に異常は無く、頭部と肩の打撲とのことで、医師も板金屋さんも軽傷で済んだことに驚いていました。命を落とすところをお救いいただき、有り難うございました。
(東京都 50代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード