奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

事故災難・トラブル

追突事故を免れる

 雨の中、高速道路を自家用車で走行中、渋滞の列に危うく追突事故を起こしそうになりましたが、危機一髪で反対車線にハンドルを切り、免れました。その渋滞の先では車3台が事故に遭い、見るも無残な形になっていました。自分もあのようになっていたかもしれないと思うとゾッと致しました。御守りいただきまして有り難うございました。
(東京都 20代男性)

忘れ物を盗難されそうになったが無事に戻る

 ある日、名古屋駅構内のトイレで荷物を一つ忘れてしまいました。すぐに気が付き戻ったのですが、紙袋の中身だけありません。トイレを出て探していると私の持っていた大きさと形のそっくりな荷物を別のカバンに入れて歩いている人がいました。その人に話すと自分のものだと主張します。そこで駅員さん2人の前まで行き、話し合いをするとすぐに返してくれました。大きなトラブルや事件にならずに済み、神様に感謝しました。
(愛知県 60代女性)

置き忘れたカバンが無事に戻る

 関東に住む兄の見舞いに行こうと新幹線に飛び乗ったところ、カバンを名古屋駅のどこかに置いたままだったことに気づきました。車掌さんにカバンの紛失を告げ、心の中で神様に「助けてください」とお願いしていると、カバンが無事に見つかったと連絡がありました。財布、携帯電話など、貴重品も全て無事でした。長時間にも関わらず全く被害を受けずに戻りましたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
(愛知県 70代女性)

倒れるもお守りいただく

 買い物に出かけた時、前方から勢いよく迫ってきたベビーカーにぶつかりそうになり、バランスを崩し、前のめりに倒れてしまいましたが、地面に手をついて身体を咄嗟に支えることが出来ました。左脇腹に激痛が走りましたが、自分で立ち上がり歩くことも出来ました。
 その後、夜の寝返り時に痛みがあり、整形外科で検査を受けましたが異常ありませんでした。倒れた時に手をつくことが出来なければ、肋骨の骨折は免れなかったと思います。お守りいただき有り難うございました。
(神奈川県 80代女性)

バイク事故 大難を小難に

 7月下旬、雨上がりの通学途中に、不慣れなバイクでスリップ事故を起こし、体はバイクと共に地面に叩きつけられました。顎と肘、膝から出血がありましたが大事には至らず、その日の定期試験に無事に臨むことが出来ました。
 冷静に事故当時を振り返ると、左折のため減速していたこと、対向車が停車中であったこと、後続車両が離れていたことで、大難を小難にしていただき命を救っていただきました。心より感謝致します。
(宮城県 20代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード