奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

事故災難・トラブル

トラックとぶつかるも軽傷で済む

 バイクで走っていたところ、トラックが左から車線変更をしてきたためにぶつかり、反対車線に飛ばされました。しかし軽トラックが目の前で止まり、ひかれずに済みました。怪我も左肘だけという奇蹟的なもので、神の御加護の有り難さを感じ、感謝しました。
(東京都 20代男性)

大難を小難にさせていただく

 車で出勤時、いつものコースで駐車場に入ろうとした時、男子高校生が乗った自転車が猛スピードで突っ込み、当方の車のボンネットに乗り上げました。すぐに警察に連絡しましたが、高校生は左ひざの打ち身で済み、車もかすり傷のみで、周りの人に驚かれました。結果、「車と自転車の物損事故」扱いとなり、大難を小難にお救いいただきました。信仰の緩みを反省し、これからも精進したいと思います。
(神奈川県 60代男性)

あわや大惨事を免れる

 出張中にレンタカーで運転していた時、十字路の交差点を通過しようとして左右をよく確認して発信したのですが、直後左方が気になりブレーキを踏みました。すると目の前を猛スピードで車が警報を鳴らし駆け抜けていきました。車との間隔は2メートルもなかったと思います。大惨事になるところをお救いいただき感謝しています。
(東京都 60代男性)

車の接触事故から免れる

 先日、食料品マーケットの駐車場でわき見運転の車に接触しそうになりましたが、一瞬のところで横跳びして逃れることが出来ました。その車の運転手もわき見していたことをひたすら謝っておりました。御守護いただき、誠に有り難うございました。
(海外 40代女性)

交通事故からお守りいただく

 高速のインターに入った直後に、観光バスの訓練車と衝突してしまいました。バスもこちらの車も少し塗料が剥がれた程度でしたが、私の判断の甘さを反省いたしました。警察は「バスのドライブレコーダーを見てから判断する」との事でしたが、後日保険会社から、バスの修理は会社独自で行なうと連絡が入りました。私の車は何事も無かったように使用しています。お守りいただいたことに感謝いたします。
(東京都 60代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード