奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

安産

長女を安産、自分に合った形でお授けいただく

 平成27年12月に長女を無事出産しました。
4月頃、体調の変化に気付き、安産の祈願を立てさせていただきました。切迫流産の恐れがあると言われ、しばらく仕事を休み、よくご祈念しながら安静にしていました。3週間後の検診では子宮内の出血が治まり胎児は元気に成長していると言われました。
 体中に湿疹が出て、痒くて眠れないこともありましたが、体内の浄化を賜ったものと感謝申し上げます。また、貧血になることもありましたが、神様の御力こもる御供物をよくいただき、数値を正常値に戻していただきました。
 当初、私は助産院での出産を望んでいましたが、結果的に病院で出産することになりました。後から考えると、自分の体力や気力、身体の状態から、自分に合った形にお導きいただけたのだと感謝致しました。
(東京都 20代女性)

長男を安産で出産、恐れていた病気感染も無し

 私は妊娠35週目にB群溶血栓連鎖球菌と診断されました。この菌は出産時に産道を通る赤ちゃんに感染しやすく、肺炎、敗血症、骨髄膜炎など命に関わる状態にもなってしまうとのことでした。助産院での出産を希望していましたが、このような事情から助産院での出産が難しい状況となっておりました。
 夜中に陣痛が始まり、車で15分程の助産院に向かいました。着いた頃には子宮口が全開になっていたため、安全を考え、予定していた病院ではなくその助産院での出産となりました。産まれてきた長男はB群溶血栓連鎖球菌の感染もなく、順調に成長しています。
 高齢出産にも関わらず、教祖様の御加護のもと、陣痛から2時間弱で自然分娩にて出産させていただき、すべてが良い方向へお導きいただきましたことに感謝申し上げます。
(埼玉県 40代女性)

逆子が治り、長男を安産でお授けいただく

 無事、長男を出産させていただきました。妊娠期間は心穏やかに仕事も家事もさせていただくことが出来ました。一時逆子になってしまった時も、毎日ご祈念させていただき、自然に正常な頭位に戻していただきました。
 陣痛が不規則でしたが、無理に薬を投与することをしない方針の病院でしたので、大変心強く、私にとってより良い出産の環境を整えていただきました。本陣痛が始まってからはトータル6時間という安産でした。誠に有り難うございました。
(神奈川県 30代女性)

元気な男の子を出産

 昨年の6月に妊娠していることが分かり、神様に安産のお願いをしました。つわりもほとんどなく元気に過ごすことができ、8ヶ月まで仕事を続けることができました。
 予定日から2日後の検診で破水していることが分かり、そのまま入院しました。落ち着いて出産に臨むことができ、2月に無事3444gの元気な男の子を出産することができました。産後の肥立ちもよく、母乳もよく飲み、夜泣きもせず、よく寝てくれます。とても育てやすい子供を授かり、主人とともに神様に感謝しました。
(愛知県 20代女性)

長男を元気に安産

 私は昨年5月に長男を安産で授かりました。つわりもほとんどなく、自分が妊婦であることを忘れるくらい、毎日楽しく過ごせました。
 出産のときも直前まで自宅で過ごし、陣痛が始まると主人が病院まで送ってくれました。すぐに分娩台に通され、僅か1時間の出産でした。母子ともに健康で、神様に感謝致しました。
(愛知県 20代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード