奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

奇蹟体験・出産

待望の第二子を授かる

 私はもともと卵巣疾患の一種であるPCO(多嚢胞性卵巣症候群)を患っていて、自然妊娠は望めないと医師から言われておりました。ところが、結婚後に神霊教に入信し第一子を安産で授かり、有り難く感謝申し上げました。
 子育てもひと段落して第二子を望むようになりました。2月の大祭行事の翌日に主人から、私が妊娠する夢を見たと言われました。市販の妊娠検査薬で調べてみると反応が出て、主人とともに大変驚き喜びました。お陰様にて、出産も短時間の安産で無事に第二子を授かり、感謝でいっぱいです。
(神奈川県 30代女性)

長女が無事に安産させて頂く

 長女は30代半ばで結婚したのですが、なかなか子宝に恵まれず、孫の誕生は諦めていました。それが40歳を目前にして妊娠、今年1月に元気な男の子が誕生しました。妊娠中はつわりもほとんどなく、高齢出産にも関わらずラクなお産でした。長男にはすでに2人の女の子がいますが、10年ぶりの孫の誕生に心から感謝しました。
(愛知県 60代男性)

入信後、運命を変えていただき子宝に恵まれる

 私は、長男をウエルドニッヒ・ホフマン氏病という難病により生後3か月で亡くしました。医師からは「今後、絶対に子供を産まないように」と非情な宣告をされました。神霊教に出会い、おすがりしていく中で、5人の健康な子供に恵まれ、順調に成長し、全員が家庭を持ち、子宝にも恵まれています。多くの困難を乗り越えさせていただき、今日ありますことに感謝申し上げます。
(埼玉県 70代女性)

血液型不適合を乗り越え子供をお授けいただく

 私は昭和48年に、母の紹介で入信しました。血液型がA型RHマイナスですが、教祖様の御神力をいただきまして、血液型不適合を乗り越えて、RHプラスの3人の子供をお授けいただきました。心から感謝しています。
(埼玉県 70代女性)

安産祈願を執り行っていただく

 神霊教で安産祈願の式典を執り行なっていただきました。信者ではない夫から提案してくれ、夫婦揃って参列させていただき、大変感激致しました。有り難うございました。
(神奈川県 30代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード