奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

奇蹟体験・病気

母が危篤状態から救われる

 母が大腸穿孔で危篤状態となりました。ショック状態で血圧が下がっており、高齢なので命の危険もあると医師から告げられました。顔や胸、手足がむくんで目にクマができ、腫れが引かない状態でしたが、教会で祈願を立てさせていただき、家族・親族で真剣にお参りをしました。すると、母のむくみが引き、瞼が動いたとのことで、早速の回復の兆しに驚きました。信仰の仲間にもお参りをしていただくと、翌日に意識が戻り、最悪の状態を脱することが出来ました。その後順調に回復し、食事も摂れるようになり、笑顔で普通に会話が出来るようにしていただきました。短時日にこのような大きな奇蹟を目の当たりにさせていただき、ただただ神様の御力の偉大さに感激するばかりです。
(埼玉県 60代男性)

自然に便秘が解消される

 町内会の防災訓練の際に尻もちをつき、腰を痛めてしまいました。翌日の起床時は腰の激痛で身体を起こすことも出来ませんでしたが、少しずつ起き上がり、出来る範囲で家事をこなしました。
 しかしこの日から1週間便通が無く、不安になりましたが、ある信者さんの体験談を思い出し、必ずお救いいただけると確信し、少しでも時間を作ってお参りさせていただくようにしました。その後、自然と便意が戻り自然体で排便出来るようにしていただきました。心素直に信仰していくことの大切さを体得させていただき、誠に有り難うございました。
(千葉県 70代女性)

難聴が回復

 一昨年に右耳が急に聞こえなくなり、急性低音障害型感音難聴と診断されました。その時期に人事異動があり、多忙を極めたことが原因と思われます。一時期回復しましたが、昨年4月に再発し、メニエール病と診断され、難聴とめまいがするようになってしまいました。
 その後も良くなったり再発したりの繰り返しで、特に昨年11月に再発してからは耳鳴りがひどく、大変苦痛な状態になりました。
そのような状態の中で、今年2月の大祭に参列し、御奉仕をさせていただいている最中に、急に耳の閉塞感が抜けたような気が致しました。それ以降、下がっていた聴力は3月初めには正常の範囲まで回復致しました。
 神様の御力をたくさん頂き、良くさせていただいたものと感謝致します。
(東京都 50代女性)

脳梗塞になるも大事に至らず

 ある朝、起きましたが全く話せず自分の名前も言えず、挨拶も出来ませんでした。翌日から少し話せるようになりましたが、教会にご相談し、大学病院にて受診しました。
 CT検査の結果、軽い脳梗塞とのことで、即10日間入院となりました。入院中に心房中隔欠損もわかり、脳梗塞の原因もこの心房中隔欠損であることがわかりました。その後、手術をせず退院となりました。今後は無理をしないで生活したいと思います。
(神奈川県 60代女性)

骨折後 順調に回復

 昨年、室内で転び、左腕を骨折してしまいました。2ヶ月で骨折は完治し、リハビリも順調に進み、約6ヶ月で無事にリハビリも終えることが出来ました。いろいろと良い方向にお導きいただき、本当に有り難うございました。
(神奈川県 60代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード