奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

奇蹟体験・災難

近隣トラブルが回避できる

 家の前の狭い私道(我が家を含む数件が所有)に犬のものらしいフンが落ちていて、近所の方が「犬のフンは飼い主が片付けてください」という看板を出されました。我が家の犬のフンは常に片付けており、誤解されていると思いつつも言うチャンスが無く悩んでおりましたが、ある時、長く伸びるリードを付けた犬を連れた方が通り、その犬が飼い主の知らない間にフンをしていることが分かりました。その事を近所の方に話すと「あなたじゃないと思っていた」と言い、看板を片付けてくれ、誤解によるトラブルを回避することが出来ました。
(東京都 60代女性)

自転車で衝突するも怪我なし

 買い物に行こうと自転車で走っていたところ、T字路で自転車に乗った若い女性と正面衝突してしまいました。幸いなことに双方に怪我はなく、相手の方も良い方でした。神様の御守護に感謝致します。
(東京都 60代女性)

横転事故に遭遇するも無傷

 車で帰宅途中、自宅近くの交差点で青信号を確認のうえ直進すると、右から軽ワゴン車が猛スピードで走行してきました。とっさのことでブレーキが間に合わず、ワゴン車の左ボディに激突、次の瞬間、ワゴン車はものすごい勢いで横転してしまいました。ワゴン車はすっかり変形してしまいましたが、ドライバーと同乗者、自分も無傷でした。自分も相手もお救いいただいたものと感謝しています。
(神奈川県 50代男性)

トラブルが次々に解消

 昨年、気になっていた問題が次々と解消しました。一つは空き家の問題でした。共同名義になっていたので全員の同意がないと処分できません。22年間反対していた最後の一人が急に私に任せると言ってきたのです。無事に処理することができました。
 もう一つは隣地の庭木問題。10年以上手入れもされず伸び放題で、越境してくる部分だけ、許可をもらって剪定していました。近隣の人たちも困っていましたが、それが突然、業者を入れて全ての樹木を伐採したのです。これには皆が驚いていました。振り返ると、自身の神様に対する姿勢を正し、心を向けようという気持ちになっていた時期に問題が次々と解決して行ったのでした。心より感謝致しました。
(愛知県 70代女性)

母の転倒事故を小難に

 昨年の春、母が踏切を自転車で横断中、タイヤが線路にはまり転倒しました。左手首と左膝を強く打ち、手首と膝蓋骨が骨折していました。入院して手術が必要でしたが無事に済み、教会から頂いた神様の御力こもる御供物で湿布すると、後遺症も残らず、2週間で退院することができました。大難を小難にして頂きありがとうございました。
(愛知県 40代女性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード