2月のある日、娘が仕事帰りの交差点でひき逃げに遭いました。その時は小雨が降っており、傘をさして横断中に右折する車と娘の左半身が接触しました。車はそのまま逃走しました。娘は接触した腕、首、肩、背中が一時的に腫れた程度で薬や治療の必要もなく完治することができました。大難を小難にしていただき、親子共々感謝いたしました。
(愛知県 40代女性)