私はペンキ・プラスチックを着色するピグメントの販売を長年手がけておりましたが、競合他社が多く性能も優れているわけでもなく、販売数を伸ばすことができずにいました。そんな中昨年3月に上司より、販売実績を出さないと解雇すると言われました。
 8月の中間報告でも販売数は伸ばせずにいましたが、昨年11月に突然上司が何か不正をしたようで、即日解雇となりました。しかし私に課せられたノルマはそのままでしたが、今年の3月を迎えても解雇されることはなく、他部署への異動となりました。定年を前に新しい仕事に取り組むことができ、嬉しく思っています。
(岐阜県 50代男性)