入信して最初の先祖供養の折に、当時小学一年生の長男がリウマチ熱で一歩も歩けなくなりました。入院直前に、その症状に関わる先祖を分からせていただき、除籍簿を入手した途端に歩けるようになるという顕著なお陰を賜りました。
 その翌年、祖母の供養をお願いした折には、私に、肺炎で喉を切開して痛がっていた祖母の現象が起きました。10日間ほど御神水のみ喉を通り、喉は半分塞がり声も出せない状態が続きました。
 その後、大量の血膿を排出し、即、回復しました。この現象を境に、幼少の頃からの扁桃腺炎になりやすい体質が改善されました。その時々に応じたお導きに感謝しております。
(神奈川県 70代女性)