奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

交通事故

交通事故からお守りいただく

 高速のインターに入った直後に、観光バスの訓練車と衝突してしまいました。バスもこちらの車も少し塗料が剥がれた程度でしたが、私の判断の甘さを反省いたしました。警察は「バスのドライブレコーダーを見てから判断する」との事でしたが、後日保険会社から、バスの修理は会社独自で行なうと連絡が入りました。私の車は何事も無かったように使用しています。お守りいただいたことに感謝いたします。
(東京都 60代女性)

信仰態勢を見直すと全てが順調に

 私は数年前に交通事故を起こしてしまいましたが、無傷でお救いいただきました。しかし翌年に、前を走ってきた車と再び衝突してしまいました。この時も無傷でお護りいただき、相手の保険会社から保険金をいただく等、損害も少なく済ませていただきましたが、度重なる事故に自分の信仰態勢を深く反省しました。
 すると、私が経営しているアパートについて、ある会社から声がかかりました。安い委託料で契約出来るとのことだったので、任せることにすると、長年入居者が無かった部屋に、あっという間に入居者を斡旋して下さり、今まで気を揉んでいた入金遅延、トラブルなどの心配事が全く無くなりました。それどころか老朽化したアパートのリフォームも全てこの会社でしていただき、賃貸料の値上げもして下さいました。全く考えられないことで感謝の気持ちでいっぱいです。同時期に、長引いていた交通事故の示談も成立させていただきました。
(東京都 50代女性)

娘の交通事故を小難に

 2月のある日、娘が仕事帰りの交差点でひき逃げに遭いました。その時は小雨が降っており、傘をさして横断中に右折する車と娘の左半身が接触しました。車はそのまま逃走しました。娘は接触した腕、首、肩、背中が一時的に腫れた程度で薬や治療の必要もなく完治することができました。大難を小難にしていただき、親子共々感謝いたしました。
(愛知県 40代女性)

次男の交通事故を小難に

 昨年12月11日、仕事の帰宅途中、車を運転していた次男が交通事故に遭いました。交差点を停車中に後ろから来た大型トラックにドアミラーが接触。ドアミラーは吹き飛び、そのままトラックは逃走しました。ボディにもかなりの傷ができましたが、本人は全くの無傷で、一歩間違えば大事故に繋がっていただけに親子ともに神様に感謝しました。
(岐阜県 50代女性)

先祖供養を通して胃腸を丈夫にしていただく

 私はこれまで10回以上、交通事故に遭っていました。戦死した先祖の霊の現象であると気付かせていただいてからは、一度も事故にあっておりません。また、胃ガンで亡くなった先祖の影響で胃腸の具合が悪くなることがありましたが、今回の先祖供養以後、食欲がわいて、自分でも不思議に思うくらいご飯が食べられるようになりました。これは先祖をお救いいただいているからだと感じております。
(東京都 10代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード