奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

交通事故

次男の交通事故を小難に

 昨年12月11日、仕事の帰宅途中、車を運転していた次男が交通事故に遭いました。交差点を停車中に後ろから来た大型トラックにドアミラーが接触。ドアミラーは吹き飛び、そのままトラックは逃走しました。ボディにもかなりの傷ができましたが、本人は全くの無傷で、一歩間違えば大事故に繋がっていただけに親子ともに神様に感謝しました。
(岐阜県 50代女性)

先祖供養を通して胃腸を丈夫にしていただく

 私はこれまで10回以上、交通事故に遭っていました。戦死した先祖の霊の現象であると気付かせていただいてからは、一度も事故にあっておりません。また、胃ガンで亡くなった先祖の影響で胃腸の具合が悪くなることがありましたが、今回の先祖供養以後、食欲がわいて、自分でも不思議に思うくらいご飯が食べられるようになりました。これは先祖をお救いいただいているからだと感じております。
(東京都 10代男性)

交通事故に繋がるところを未然に防いでいただく

日頃から使っているミニバン車の運転中にエンジン音の異常を感じ、ガソリンスタンドへオイル交換に行きました。検査したところ、タイヤに釘が刺さって貫通していました。更にタイヤ4輪ともにクラックという裂け目が見つかりました。またトランスミッションオイルの劣化によりエンジンの高温化が引き起こされ、結果としてラジエータ液の減少が発生しており、放置していればエンジンのオーバーヒートを引き起こす可能性がありました。大きな交通事故に繋がるところを未然に防がせていただきました。(千葉県 40代男性)

事故で車は廃車、双方けがなし

suzuki4月17日午前7時8分、信号機のない大きなカーブの二車線道路で、通勤途中に追突事故を起こしてしまいました。
私の乗った業務用乗用車が、止まっていた二トントラックの後方下部に突っ込んだ形で停止しました。乗用車の片側のヘッドライトがすっ飛び、ラジエーターがむき出しになり、無残な格好となりました。
相手のトラックは、ゲートにわずかなへこみができた程度で済みました。ところが、運転手さんは、すぐには運転席から出てきませんでした。トラックの見かけの傷の割には、追突の衝撃が小さくないことが分かりました。しかしながら、救急車の必要がないとのことで安堵しました。続きを読む

運命好転、家族全員にお陰

kurokawa私は昭和47年1月8日、九段会館において、教祖様御講演会を拝聴しました。自宅に帰り、この世にこのようなことがあるのだろうかと思われる素晴らしい体験発表と
教祖様の御道話を妻に話しました。
だいぶ夜も遅くなりましたので休もうと横になった直後、脈拍が非常に上がり、黄金の光がドッと体に入る感じがして、その後、崇高な転生のときは、あのような境涯になるのだろうかと思われる、形容しがたい素晴らしい体験をさせていただき、神は実在するということを、はっきりと分からせていただきました。
続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード