奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

低血糖

弱っていた愛犬が元気に

 1月末に、長男が飼っている犬を預かることになりました。以前も預かったことがあり、その時は健康だったのですが、久しぶりに会うと、体は痩せて細くなり、足もひょろひょろとして倒れそうでした。事情を聞くと、低血糖で食べ物を吐いてしまうとのことです。ひどい状態で預かってしまいましたが、犬をコタツに入れて手足をさすりながら、一心にお参りをしました。しばらくすると愛犬は立ち上がり、外で柔らかい下痢のようなものを大量に吐き出しました。心配しましたが、その後から急に食べ物を欲しがるようになり、食べては外で排泄を繰り返しました。夕方、動物病院に連れていくと、どこも悪くないとの診断でした。一週間ほどで痩せた体がふっくらしてきました。短期間で回復し、ただただ驚いています。
(広島県 80代女性)

体調の急変からお救いいただく

 私は妻とともに温泉旅行に行った際、夕食後に急に意識を失いました。その後4、5分記憶が無いのですが、腹部をさすりながら大きなうなり声を上げ、顔色も青くなっていったそうです。妻が神様のお力こもる御供物を私の口に含ませたところ、意識が戻りました。平常になったので部屋に戻ろうとしましたが、ホテル側が「脳梗塞の症状に似ている」と心配して救急車を呼んで下さったので、病院でMRI検査を行ないました。
 結果、異常は見られず、無事ホテルに戻りました。後日の検査でも脳波、心電図とも異常無しでした。御供物で脳梗塞、低血糖の症状からお救いいただいたのだと思われます。誠に有り難うございます。
(北海道 60代男性)
記事検索
アーカイブス
プロフィール

srkblog

QRコード
QRコード