奇蹟の体験者たち

神霊教で奇蹟を体験した方々を紹介するBlog

出産

次女を安産でお授けいただく

 この度、健康な女児を安産でお授けいただきました。陣痛から出産まであっという間でした。妻は産後の回復も早く、出産から4日後に退院することが出来ました。私は仕事が立て込んでいましたが、妻の退院まで都合良く有休をとることが出来、家族と過ごすことが出来ました。誠に有り難うございました。
(東京都 20代男性)

結婚、出産、仕事と順調に進む

 昨年は色々とお陰を賜りました。良縁を賜り、結婚をすることができました。また11月には長男を授かることができました。長男の御宮参りも教会にて執り行わせていただきました。
 経営する2店舗とも良い従業員にも恵まれ、順調に経営させていただいております。また、新たに始めたエクステリアの仕事も順調に運ばせていただいております。誠にありがとうございます。
(長野県 30代男性)

最善の状況で長女を出産

 子宝で祈願をさせていただき、有難くも半年後に妊娠していることが分かりました。つわりもほとんど無く、仕事も順調にこなし、教会の様々なイベントでも活躍させていただきました。臨月に入ってからは、毎日家族でお参りさせていただきました。予定日を10日過ぎましたが、家族がお参りをする中、あっという間に産まれてきてくれました。体重は2650gと小さめで、予定通り出産していたら低出生体重児の可能性がありました。私に一番合った状況での出産をさせていただき感謝しています。長女は後頭部がよく隆起しており、母乳をよく飲み、丈夫で手のかからない子で、順調に成長させて頂いています。
(東京都 20代)

2、3回のいきみで生まれる

山口京子 安産にて子宝を授かる
妊娠中はつわりもなく、上の二人の娘たちの世話にも支障なく順調に過ごさせていただきました。
 平成24年9月13日午後、陣痛が始まったので主人に知らせ、仕事から戻ってきてくれた主人に連れられて名古屋第二赤十字病院へ行きました。前回の出産の時も医師からはまだまだ出産には至らないと言われていたのですが、急に分娩が始まったということもあり、すぐに入院することになりました。
 入院してはみたものの、陣痛の間隔が一向に短くならず、病室を歩いたりしていました。間隔が短くはなりませんでしたが、陣痛の度合いが強くなってきたので、一応分娩室に入りました。それでもなかなか出産に至るような短い陣痛になりませんでした。
続きを読む
記事検索
アーカイブス
プロフィール
QRコード
QRコード